大塚広子 – PIECE THE NEXT JAPAN NIGHT

Posted by Mizushi Garage

Joey Bada$$ feat. Kiesza - Teach Me

Posted by P4P

Posted by P4P

Posted by P4P

Posted by P4P

Posted by P4P

Posted by rainfiction

Posted by P4P

Posted by P4P

Posted by P4P

rainfiction

Sense of Nerd 第2回:その男、タケイグッドマン


Sense of Nerd

映画監督といえば、様々な出自があって、タレントから助監督あがり、映画会社の社員からCM監督、小説家に至るまで様々です。その中でも、華々しいキャリアとして一時期量産されたのが、プロモーションビデオ出身監督。80年代のMTV時代には、映画監督がプロモを!なんて驚きだったのが、90年代後半から00年代中盤には、あのプロモ監督がついに映画を!なんてノリになってしまって、多くのPV監督が映画を撮りました。中にはいまや巨匠となった監督もいます。

そのうちの一人、スパイク・ジョーンズは、90年代初頭から様々な名作プロモを監督したレジェンド。フレッシュな映像アイディアとイメージの具現化は、キャリアのかなり初期の段階から完成されていたと思います。
個人的に、そんなスパイク・ジョーンズのフォロワーだと考えているのが、映像作家タケイグッドマン氏。

90年代、まさにスパイク・ジョーンズと同時期に、スチャダラパー、ソウルセット、小沢健二などのPVを監督し、リトルバード(まだやってんのかな?)まわりの映像表現やアートワークを担ったクリエイターです。
彼の映像表現の特徴として、粒子の粗いアナログ的映像の活用、オーバーラップ、フレーミング、スローシャッター、魚眼レンズの多用、映画などのパロディなどなど、いま見れば、おいスパイク・ジョーンズのパクリやんけ!とツッコミたくなるのですが、当時はとてもフレッシュでカッコよく見えたものです。

もう一つの大きな特徴は、ビートやメロディーに合わせた編集です。彼はむしろその点に非常にこだわり、オリジナリティーを発揮しました。ワンカット撮影でも、スピードを上げることで動きとビートを合わせたり、ドラムではなく歌やメロディーに合わせてカットを重ね、時には同じカットを重ねてリズムを作ってみたり、まさにサンプリング世代の徒花、DJ手法による映像表現、といった感じ。

※彼の映像表現が詰まったサンプルとして

インタビューで、アイディアの基本は、全てその時そこにあるものを使って撮る、と彼は語っています。ダラ撮りというワードを生み出し、ローファイな素材を、ポップな編集で活かすマジックは、いま見ても色あせない名作たちを生み出しました。アイディア勝負感。

そんな、映像で遊ぶという姿勢は今の今に至るまで貫かれていて、彼が映画を撮ったなんて話は聞きません。スパイク・ジョーンズが商業的な要請があってかなくてか、今や映画監督として語られることが多くなった一方、タケイグッドマンはずっと身の丈にあった(失礼)映像を撮り続けています。

もちろん、僕も真似して魚眼レンズを買ってスローシャッターで映像を撮ったりしました。編集はすべてタケイグッドマンから学んだ、と言っていいでしょう(誇大表現)。

※一説によるとマトリックスより早かったとか早くなかったとか

今よりもはるかに、映像との出会いが一期一会だった時代、僕は彼の映像に出会い、心を奪われました。映像のインパクトというものが確かに存在し、アイディア一発、それを具現化!という熱情こそが、プロモでも映画でも重要だと教えてくれたクリエイターの一人です。

といいつつ、YouTubeではタケイグッドマンのPVがあまり見られなかったので、僕の好きなスパイクジョーンズプロモを紹介。スパイク・ジョーンズの初期のPVですが、スパイク・ジョーンズからタケイグッドマンに連なるものがすべて詰まったようなPVです。

中学生の頃、VHSで何百回も繰り返し見ました。スパイク・ジョーンズが撮ったと後から知ってビビったぜ。
そんな尖ったスパイク・ジョーンズもいまやオサレな映画監督。近作「her/世界にひとつの彼女」は、「今更そのネタか」「今どきそのテーマか」などという批判もありますが、僕は好きです。美術のアイディアがやっぱりエッジが効いてて、映像も昔から変わらない趣味ですが、映画で観ると巧くエモーショナルに映るんですよね。ルーニー・マーラ演じる元妻との過去の楽しかった生活の思い出とか、そんな風に魅力的に撮らないでくれ!と思ってしまう。

 

というわけでオチはまた結局映画でした。アカデミー賞脚本賞作品です。いやコレいい映画ですよ。オシャレ映画と敬遠せずにぜひご覧下さい。
アイディア勝負という意味では、PV監督と映画の親和性は、やっぱり高いかもしれませんね。